【水平線】FXでよく効く水平線の引き方と手法を考えるコツ

水平線&ゾーン
Translate

珍しくFXで使う水平線の話しをするぞ!『水平線の引き方のコツ』『水平線が意識されているところ』『エントリーとして使うためには?』などなどを扱っていきます。

常に波の話をしているので、かちょーFX勉強会としては非常に珍しい話題です。というのも勉強会内では水平線に触れる必要性を全く感じていなかったので、今まで波を重点的に攻めていったわけですね。

水平線を使うには『トレンド』『順張り』『ダウ理論・エリオット波動論』などなどチャート上にある波の特性を十分に理解する必要があり、これらを理解せずにいきなり水平線や手法の話しをしても意味がないからです。水平線だけでなく、なぜ波の理解が必要不可欠なのかを同時に話しておきますので、自分の中で波と水平線をどうやって一緒に考えるのかをヒントを差し上げます。

ようやく勉強会の方で必要になってきたので『やっとこの時が来たか』とかちょーは思っていますw




水平線とは

FXの話題の中で恐らくダウ理論やローソク足に続き、最も多く話題として取り上げられるのが水平線ではないでしょうか?

水平線はシンプルで、チャートを作り上げることが出来る人達の軌跡や注目されている価格帯を視覚化しているもので、FXではかなり強力な効果を発揮します。実際にインジケーターを使わずに水平線だけで利益を上げているトレーダーは多くいることでしょう。

ただ、シンプルで使いやすいことから、間違った認識での利用(最も一番多いのが逆張り手法)をしていて勝てないと悩んでいるトレーダーも少なくないと思います。

水平線について正しく理解していないと重要な価格帯を見極めることができず、思うような結果を出すことが困難になります。

はじめに、水平線は『水平線=手法(エントリーポイント)』という認識は間違っています。ここからの認識を修正していきましょう。水平線はどうしても便利な道具でシンプルであるがゆえに、手法やエントリーポイントと勘違いしている人達が数多くいます。水平線はそんなに単純な道具ではありせんし、単純にエントリー手法であれば水平線で悩む人や負ける人などいません。

水平線がエントリーポイント(手法)ではないのであれば、どのように考えるべきでしょうか?

皆さんはどう考えますか?

水平線を理解するには『水平線をエントリーポイント』として見るのではなく『相場環境認識の一環』として考えてください。このように覚えておくと今後の説明が腑に落ちる部分があるかと思います。

相場環境認識の一環として考えた場合、水平線の定義や相場上ではどのような役割を果たしているのでしょうか?

水平線とは世間一般的には『レジスタンス&サポートライン』『抵抗線&支持線』『値が反転しやすい所』などなどと定義されています。言葉の定義としてはこのように説明されることが多いですが、これだけでは理解し難い所があります。

改めて水平線をかちょーFX勉強会で定義するのであれば、水平線とは相場を作り上げることができる人達の『気になっている価格帯』として説明しています。

気になる価格帯とは、『この価格帯で買いたい』『この価格帯で売りたい』『ここの価格帯は危険だ』『ここの価格帯では相場が衰退する』『ここの価格帯では相場が加速する』『ここの価格帯で反転する』『ここの価格帯は意識していない』などの様々な意味を含みます。相場は白紙状態であることや私達の身近に相場を作ることができる人達の助言や明確なアドバイスがないため、一概に正しい答えはありませんが、相場の神様が気にしているであろう場所を示しています。

そのため、水平線とは様々意味合いを含めていることから『水平線=エントリーポイント』とは言えないということです。どちらかというと相場環境認識の一部として捉えください。

もう一つ、水平線の定義とは関係はありませんが、水平線を使うにあたってとても大事なこととして覚えてほしいことが『水平線は今すぐ効果を発揮するものではない』ということです。つまり、引いた瞬間にトレードとして使える訳ではなく、将来的に気にされる可能性がある場所の候補として考えてください。

FXトレーダーが使う水平線の引き方

チャートの高値安値に使う水平線

GBPAUD月足 高値安値の水平線

GBPAUD月足 高値安値の水平線

GBPAUD30分足 高値安値の水平線

GBPAUD30分足 高値安値の水平線

まず一番目に付くのがチャートの高値安値ではないでしょうか?

上のチャートはGBPAUDの月足、30分足に高値安値の水平線が引いてあるものになります。ここでの大きな特徴として、高値安値の水平線は相場の『天井と底』に水平線が引かれています。そして、時間軸が大きなチャートほど水平線の数が少なくなり、逆に時間軸が短くなると水平線の数が多くなっています。

時間軸が異なれば当然ですが、チャートにおいて認識できる水平線(高値安値)の数に差がでます。しかしながら、例えば30分足で引かれている全ての水平線が効果を発揮すると言えますか?

30分足のチャートで赤丸として表示されている水平線(高値安値)の多くは、どうでもいいような、あるいは、気にしていないような動きをしています。その証拠に水平線付近での反応を見ていると、ほとんど反応せずに進んでいる、あるいは、『反応した』とは考えづらいものばかりになっています。

高値安値の水平線を引くことはトレーダーとして例外なく誰でも必ずといってもいいほど見られているポイントになります。引くことは当たり前ですが、時間軸を極端に落として水平線の数を増やしたり、短期足の水平線(高値安値)を信じてもトレードとしては得策ではありません。

相場が作られている規模は皆さんが思っている以上に大きいことから、自らトレード出来ない箇所を増やしたり、注目されている可能性が低い個所を『気になる価格帯』の候補として挙げても、トレードができない言い訳、変なトレードをする言い訳、最悪の場合逆張りを招いてしまいます。

高値安値の水平線はとても大事ですが、客観的に注目されている可能性がある個所、相場として本当に高値安値として認識されている個所のみに引くことをおすすめします。そうすることによって、相場から受けるダマシを減らしたり、トレードの幅が広がります。

このブログの購読者であれば、相場の最適な高値安値の判断を『波引き』を通して判断することができます。高値安値の場所や波の大きさが決まれば、引くべき水平線が自然と決まりますね♪

レジスタンスライン&サポートラインとしての役割がある水平線

レジサポライン

続いて、水平線を考えた際に『レジスタンスライン&サポートライン』が結構な確率で思い浮かべることができるものではないでしょうか?

レジスタンスラインは、価格が上昇しようとしても値動きが天井で跳ね返ってしまうライン。逆にサポートラインとは、価格が下降しようとしても値動きが底で跳ね返ってしまうラインと一般的には定義されています。

(かちょーFX勉強会では絶対に出てこない用語ですねw)

上の画像の様に、ある一定の値幅間での動きをするチャート(レンジ相場)は短期足に多い傾向で、かちょーFX勉強会とは縁が少ないチャートパターンの内の一つになります。もちろん我々が見ている4時間足などでは出現することはありますが、基本的にどちらかのトレンドが発生しているか、明確な修正波を作っている場面に出くわすことが多いため、勉強会内では触れない水平線になります。

正直に言って、ここの値幅間で上手に勝負が出来るほど皆さんは素晴らしい技術を持ち合わせていないため、完全に捨てるようにしています。実際に過去の皆さんもこのような経験などはありませんでしたか?レンジ相場的な所でのトレードで良い思い出がないなど。。。

ただし、その代わりにかちょーFX勉強会では、『レジスタンス⇨サポートライン』『サポートライン⇨レジスタンスライン』いずれかの状況から相場が転換した場合、『ネックラインの水平線』『始値の水平線』としてレジサポラインを使っていることがかなり多いです。

イメージとしては上の画像です。

一度水平線がブレイクされると、今後は機能が逆転するという特徴があります。例えば、サポートラインがブレイクされると、その後の水平線はサポートラインからレジスタンスラインとしての役割を持つようになり、売り材料としてはかなりの信頼で進んでいきます。

これがめちゃくちゃ簡単な言葉で表すとネックラインの水平線と言い換えた方が分かりやすいのではないでしょうか?

『レジスタンス⇨サポートライン』『サポートライン⇨レジスタンスライン』はネックラインと同様に相場の転換点付近で出現するため、ネックラインと覚えても差し支えないでしょう。

勉強会内ではレジスタンスライン、サポートラインを単体で覚えるのではなく、『レジスタンス⇨サポートライン』『サポートライン⇨レジスタンスライン』の転換が生じるネックラインとして覚えているため、こちらを活用することをおすすめします。

キリ番に引く水平線

別名ラウンドナンバーという100円や110円50銭、1.2100ドルなどのキリのいい数字を世間一般的には『利確の目標』『エントリーポイントの候補』として見られていますが、残念ながらかちょーFX勉強会では取り扱っていません

そんなに強いラインなのか?と毎回かちょーは考えてしまいます。

というのもかちょーFX勉強会では相場をとして捉えて普段の相場環境認識を行ったり、スタートやゴールとなり得る個所を大きな目線で見ていることが多いため、気付いたらキリ番をスルーしていたり、反応しなかったケースが数え切れないほどあることから、そこまでキリ番信者ではありません。

動いているローソク足、確定した過去のチャート、縦軸の価格、横軸の期間に関しては、皆さん平等に同じであることから、『世界共通の目印としてあるかもしれない?』という程度で覚えてくれてもトレードで大した問題にはならないでしょう。

繰り返すようですが、相場は皆さんが思っている以上に大きく、そして長い期間をかけて作っているため、わざわざ例えば100円ぴったりのレートで止まることはありません。

『キリ番だから利確をしよう』『キリ番を割ったら損切りをしよう』と考えるブログや動画の解説などが世の中にたくさん出回っているため、『あれが正解、これは間違い』というのはありませんが、何を信じるか否かは皆さんの判断にお任せします。

水平線の引き方で意識すること

ここまでの流れでは主に一般論として水平線がどのように使われているのかと同時に、かちょーFX勉強会で扱っているものを記述してきました。

正直に水平線には明確な正解や間違いがありません。

我々個人投資家は常に孤独の中でFXトレードをしている訳であって、必要な水平線、不要な水平線、注目されている水平線、注目度が低い水平線、個人的に引いた水平線などなどが混在しています。

水平線は極論『どこにでも好きな場所に引ける』ことから、信憑性があってないようなものですw

ここでは順番に水平線を引く際に意識することをかちょーFX勉強会なりに見て行きましょう。

長期足から順番に水平線を引いていく

前述しましたが、水平線は『どこにでも好きな場所に引ける』ため、明確な正解はありません。

ただし、水平線をチャート上に引いていく際におすすめしている簡単な手順として『長期足から順番に意識されている水平線を引く』ことです。

単純に『月足⇨週足⇨日足』という形で意識されている水平線が引けたら次の時間軸へと落としていきましょう。

高値安値の水平線 月足

高値安値の水平線 月足

かちょーが普段使っている『勝手に水平線を引いてくれるインジケーター』をそのまま利用して、高値安値に水平線を引くことは間違っていませんが、これでは時間軸を落としていったときに月足の高値安値が例えば週足や日足に表示されない問題がありますので、手間暇かけて手動で引くことをおすすめしています。

さらに、時間軸を落としていくに連れて水平線の数がどうしても多くなってしまうため、しっかりとどこの時間軸の水平線であるのかを明確に違いをつけるために、水平線を時間軸毎に色別することがいいでしょう。

高値安値の水平線を手動で引く際に、相場のネックラインやその他気になる価格帯の候補となる水平線を同時に引きましょう。

どこまでの時間軸で見つけるのか

この問題に関してはけっこうな議論が発生するのではないでしょうか?

かちょーFX勉強会で扱っている『高値安値』『レジスタンスorサポートライン⇨サポートラインorレジスタンスライン』では、長期足である月足をはじめとして週足、日足、エントリー向けに近い4時間足などに水平線を引いて相場がどのような状況にいて、エントリーの候補となる個所がどこにあたるのかを探します。

しかしながら、人によっては1時間足15分足などに対して水平線を引いている場合があります。これに関しても明確な正解はなく、『これは正しい、あれは間違っている』とは一概に言えなく、個人の感覚次第になるのかなと思います。

ただし、かちょーFX勉強会でなぜ短期足に対して水平線は引かないのかを簡単にまとめます。

EURJPY30分足の水平線

EURJPY30分足の水平線

EURJPY30分足の水平線を日足で見ると

EURJPY30分足の水平線を日足で見ると

例えば30分足を参考に、かちょーFX勉強会では短期足で水平線を使わない理由を考えていきましょう。

まずは左側の30分足に引いたオレンジの水平線を見てみましょう。この時間軸内で見れる大きいローソク足は30PIPS前後になります。

相場全体的には下降トレンドが継続していて、普通に考えたらトレンド方向に進んでいる波に対して水平線を引いてトレードする方が合理的です。しかしながら、水平線を引いた結果、その後の相場は反応を見せたり、気になる価格帯に対して抵抗している形跡は見られますか?

どちらかというと短期足で引いた『気になる価格帯』に対してスルーしているように相場が判断したと考えた方がいいでしょう。このように、ネックラインの水平線や大きなローソク足の始値に水平線を引いたとしても効果が期待できない場面に直面することが多いのが短期足のデメリットになります。

ダマシに遭遇しやすいということですね。

さらに先程の30分足で引いたネックラインや大きなローソク足の始値の水平線を日足で見てみましょう。長期足での状況を見直してみると、今回の様に長期足では『訳の分からないポイント』『相場的に意味がない水平線』などなど特定の場所では水平線を引いても意味がないポイントはたくさんあります。

そのため、かちょーFX勉強会では短期足に対して水平線を引くことをおすすめしていない理由の内の一つになります。

チャートのパターン・形を意識して引く

ネックラインとなりやすい形・パターン

ネックラインとなりやすい形・パターン

チャートパターンを意識して水平線が引けるところを探すと割と簡単に発見できたりします。これを応用して○○理論に置き換えて考えたりして探すのも悪くはないかと思います。

代表的なダブルトップ(ダブルボトム)や三尊(逆三尊)ではチャートが転換する場面に遭遇しやすいので自然とネックラインの水平線が引けて、強い効果を発揮してくれるのを期待することができます。

中途半端な水平線や短期足で水平線を探すよりも戦略的にはありですね♪

水平線でエントリーポイントを見つける

水平線の土台となるものを強化する

水平線をしっかりと使えるようになり、効果のある水平線を探すために必要なことは何だと思いますか?

水平線とは『気になる価格帯』を見つけるための道具であり、エントリーポイント(手法)よりもどちらかというと、相場環境認識の一部としてかちょーFX勉強会では考えてほしいです。

そのため、限りなく正解に近い水平線を引くためには、土台である相場環境認識をしっかりと強化することが効果的な水平線を使うことへの道となります♪

いくら素晴らしい水平線をチャート上で見つけても逆張り的なエントリーになったり、危険な個所でのエントリーをしていたら意味がありません。トレンドを知ってから効果的に使うようにしましょう。

意識している水平線を探す

日足のネックライン

日足のネックライン

月足や週足の長期足で水平線を引くことはもちろん大事ですし、かなりの効果を発揮してくれることから、将来的にそこのポイント付近で何かしらのアクションをする可能性は十分にあります。しかしながら、長期すぎる水平線ではエントリーとしては中々使いづらい部分があります。例えば週足の水平線でエントリーを考えている場合、損切り幅を50PIPS以上取らなければならないなど、資金が有り余っている人なら問題はありませんが、個人投資家として毎回50PIPS以上の損切り幅を取るのはけっこう苦痛だと思います。

そのため、意識している水平線をエントリーレベルで見つけていくことが、相場環境認識・エントリーを上達させるコツの内の一つと言えます。

そこで、水平線を引くことに難しさを感じている人達に向けておすすめしている水平線とは、日足にネックラインの水平線、大きなローソク足の始値に引く水平線や波としての水平線を引く場所が効果的に使える部分ではないかと思います。

日足レベルになると水平線が強く反応して、短期足の4時間足レベルでダブルトップ(ダブルボトム)や三尊(逆三尊)の存在を強く意識することができます。この付近でエントリーできるメリットとして、①日足という安心感が強いローソク足レベルの水平線でエントリーすることができる。②取る損切り幅が小さくなる(通貨によります)。

このように日足レベルでの水平線を活用することで、相場環境認識としてもエントリーとしても強い味方となって1回のトレードで50PIPS以上の利益を取ることも可能になります。

もちろん、ネックラインの水平線、大きなローソク足の始値に引く水平線だけでなく高値安値なども忘れないようにしましょう。

水平線での反応をしっかりと確認する

波レベルやローソク足レベルで水平線が引けたら、エントリーをする一歩手前にチャート上でどのような反応をするのか実際の値動きで確認する必要があります。

相場なので、もちろん水平線を引いても効果を発揮することなく、スルーするケースは全然珍しくありません。せっかく水平線を引いても後先考えずに、反応するかしないかを無視して水平線でエントリーをしても良い結果に結び付くことはありません。

波・ローソク足が相場でどのような動きをしているのか反応を見極めたうえで水平線を使ってエントリーをしましょう。

例えば、上のチャートを使って考えると、水平線の青丸ポイントに到達するまでに陽線組がかなりギリギリまで勢力を伸ばして攻めています。しかしながら、両社とも水平線に近づいたのはいいのですが、ローソク足で反応を見せています。チャートである以上、どちらの勢力が最終的に勝つのかは分からないのが普通です。相場次第では、先走ったエントリーをして気付いた時には水平線を大きく貫いて損切りに合うことがあります。

しっかりと反応を確認してからエントリーするようにしましょう。

水平線でエントリーする際の注意

水平線の引きすぎ

水平線の引きすぎ

水平線の引きすぎ

水平線を学習している人が陥りやすい落とし穴の内の一つとして、水平線をどこに引けばいいのか分からなく、とにかく目立つ場所、ローソク足、ネックライン、大きなローソク足の始値に水平線を引きすぎて、どこでエントリーをすればいいのか迷ってしまうことではないでしょうか?

実際に過去のどこかでこのようなチャートを見たことがありますw

水平線は引けばいいという訳ではないので、トレンドに沿った形での水平線を引くように意識しましょう。これではエントリーに困るだけでなく、相場環境認識としてトレンドが本来どっちに向いているのか永遠と迷ってしまいます。

相場は波を作ることから、イメージとして常にジグザクした動きをしながら進んでいきます。そのため、自然と逆勢力のネックラインが見えてしまうもの、大きなローソク足が強いと勘違いして見えてしまもの、レジサポの機能として発揮していると見えてしまうものがチャート上で作られます。

どこからどこまでの波が推進波、あるいは、修正波として認識するのかは波の認識をしっかりと覚えて適切な相場環境認識を行うことでしか判断できないのではないでしょうか?

逆勢力の水平線を信じても意味がない

逆勢力の水平線

逆勢力の水平線

逆勢力の水平線を引くことは決して間違いではありません。ただ、今回のチャートの様に明らかに多すぎる逆勢力である買い手の水平線を多く引くことはおすすめしていません。

水平線が引けるイコール近づいたらトレードできると勝手に勘違いをすることが十分に可能なので、必要以上に水平線を引くことはありません。特に中途半端なネックラインであったり、大きなローソク足の始値でも勢力が逆であれば何の効果を期待することはできません。

本来の大きなトレンドを信じてトレンドに沿った水平線を引きましょう。もし、逆勢力の水平線を引くのであれば、『高値安値』『天井や底にいるネックライン数本』のみを使いましょう。

難しい判断ですが、トレンドはいつか必ず終了します。

その時になったらトレードとして使う水平線を考え直しましょう。

まとめ

今回のまとめです。

まず、水平線=エントリーポイント(手法)』ではありません。水平線の定義とは、相場上で『気になる価格帯』を示すことになることから、手法として考えるのではなく、相場環境認識の一環として水平線を理解してください。

なぜならば、水平線とは『この価格帯で買いたい』『この価格帯で売りたい』『ここの価格帯は危険だ』『ここの価格帯では相場が衰退する』『ここの価格帯では相場が加速する』『ここの価格帯で反転する』『ここの価格帯は意識していない』などの様々な意味を含むことから、とてもエントリーポイントと直結することができないからです。

そして、正しい水平線を使いこなすためには波の理解が必要であることから、全ての土台となる相場環境認識を磨き上げることで『必要な水平線』『不要な水平線』を切り分けすることができます。

今回は波ではなく水平線がお話しのメインであったため、波のお話しは過去の記事などから参考にしてください。

水平線の引き方として意識してほしいポイント①長期足から順番に水平線を引く。②短期すぎる時間軸では効果を発揮する確率が低いため、エントリーとして使いやすい時間軸までにする。③キリ番は皆さんの判断にお任せします。

水平線でのエントリーを考えるのであれば、日足・4時間足くらいの水平線が適切です。

ただし、水平線を引きすぎると、エントリーや方向性に迷いが生じるため、トレンドに従った水平線が望ましいです。

コメント

  1. Piping Rock より:

    Great content! Keep up the good work!

テキストのコピーはできません。