【水平線】水平線とは

水平線&ゾーン
スポンサーリンク

皆さんこんにちは~
今年はいつからトレードを始めようか悩んでいるかちょーです(笑)
この記事を書き始めているのは2020年1月9日ですが、、、

まだ1回もトレードしていません。(笑)
長期足と直近のローソク足を見たらやる気をなくします( ゚Д゚)

↑応援クリックよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

物事の意味を知ることがはじめの一歩

FXに限らずどのような分野や知識でも共通して述べることができますが、水平線を使った手法・トレード方法を身に着ける前に必ず水平線とは何かを知る必要があります。

水平線の意味に限らずその他の勉強においても、勉強をする意味や言葉の意味を知らないと後々の勉強に付いていけなくなったり苦痛に感じますよね?

学校の勉強などを例に挙げると想像がつくと思います。
例えば、『因数分解』こちらは数学を勉強すればいつかはぶつかる壁です。因数分解という単語を出されただけで、どのような意味を持って・どのような問題が解けて・どのような使い方をすればいいのかは初見では分からないと思います。まずは意味をしってから、使い方や問題の解き方を学びましょう。FXにおいても状況は変わらないので、ダウ理論やエリオット波動論を勉強した頃と同じくピラミッドの一番下の部分から知識を作り上げていく必要があります。

水平線とは

水平線とは俗に言う『レジスタンスライン(抵抗線)&サポートライン(支持線)』である。このような説明を受けたら皆さま、特に初心者の方はこの説明で納得しますか?

必ずそこから、次の様な質問が思い浮かぶかと思います『レジスタンスライン&サポートライン』とは何ですか?こちらの問いに対して皆さんは適切な答えを初心者の方に返すことはできますか?
大半はそこから言葉を失うはずです。

改めて水平線を定義すると以下のような答えをかちょーFX勉強会では提示しています。
水平線=相場の人たちが『気にしている価格帯』になります。

水平線が多くなる?

気になる価格帯であるが故に人によっては水平線の数がとても多くなるケースは珍しくないです( ゚Д゚)


キリのいい数字
高値安値
レジサポ
効いていると思う→(これ一番ダメなやつです)
ローソク足の強い箇所

本当に必要な個所の水平線を見極めるのは難しいかと思いますが、練習や経験に基づく訓練や勉強会でお話ししている内容を把握することによって水平線の強弱や不必要な個所を見極めることができます。

↑最後に、応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。