【水平線】水平線が多くなると。。。

水平線&ゾーン
スポンサーリンク

皆さんこんばんは〜
前回では水平線の定義についてお話をしました。水平線とはレジスタンスライン&サポートラインである以前に『気になる価格帯を視覚化』したものになります。しかしながら、気になる価格帯であることからトレードを行う際に水平線の数が多くなってしまうケースは珍しくないです。

今回は水平線が多くなるとどのようなことになるのかを考えていきます。(^O^)/

チャンネル登録よろしくお願い致します。

 

水平線が多くなる理由

皆さんは水平線に対してどのようなイメージがありますか?『必須』『聖杯』『必ず勝てる』などなどのイメージがあるかと思いますが決してそうではありません。

チャート上に水平線が多くなってしまう原因は大きく分けて二つ考えられます。
①そもそも重要な水平線とそうでない水平線の区別がつかない
②メンタル的要因

基本的に上記の二つの原因が考えられます。①に関しては『練習→指摘→練習→指摘』の繰り返し作業を行えば改善されますが、②のメンタル的要因になりますとかなり厄介なお話になります。メンタルが絡むと各々の性格に関係するので一概には言えませんが、『水平線を引かないといけない』『水平線が引けるところ全てを引かないと安心できない』『あっちこっちに水平線が存在するから全て書く!』などの考えに至ってしまう可能性が非常に高いです。
勉強をしているのに中々成果が出ない方は自分のメンタル部分に問題があるか、勉強の仕方に問題があります。水平線に限らず、ダウ理論やエリオット波動論にも共通して述べることができますが、限りなく正解に近い答えに辿り着くには日々の練習の積み重ねが大事になってきます。数をこなすことによって大事な所が自然と見えてくることに加えて、自信が見に付きます。(^^♪

自信が付いたらトレードにおいてこの上なく心強い武器になりますよね(‘ω’)ノ

水平線が多くなると。。。

AUDJPYのチャートを例として取り上げましたが。。。

このチャートを見て皆さんはどのように感じますか?
初心者の方・水平線を覚えたばかりの方・トレンドが分かっていないの方・メンタルが弱い方などのチャートではよく見る光景ですが、明らかに水平線が多すぎますよね(゚Д゚)

このようなチャートになってしましますと、そもそもトレンドやスタート&ゴールがぐちゃぐちゃになる傾向が非常に高いので注意しましょう。

水平線の理解を深めるためには、まず基本となる波引きが重要になります。当たり前ですよね?基本の形すら整っていないのに難しい所からスタートしても無理です。怠らずにしっかりと波を引く癖を身につけましょう(‘ω’)ノ

ピラミッドの最下層が初めて完成して次の段が作られて行きます。いきなり上の層へと手を伸ばしても良いことなんて何一つないです。『時間をかけてでもお金を少しずつ増やすのか』あるいは『目先のことばかりに捉われて全てを失うのか』FXはとても怖い世界です。準備万端の姿勢で挑みましょう(‘ω’)ノ

それではまた次回の投稿をお楽しみに~ (=゚ω゚)ノ
また、この記事が少しでもいいと思った方は【RTでばら撒いてください】(笑)

かちょーFX勉強会専用のLINEも作ったので良かった追加してくださいね~

応援ボタンをクリックして頂けると大変喜びます(^^♪


為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

チャンネル登録よろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。