【ゾーン】トレンドの起点

水平線&ゾーン
スポンサーリンク

皆さんこんにちは〜
皆さんは波の起点にいる勢力に注意したことはありますか?相場が折り返した時に気付いたら反応していた、、、何て事は珍しくありません。今回は波の起点に存在する勢力を考えていきましょう(・ω・)ノ

前回のゾーンのお話しです。↓

↑応援クリックよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

波の起点に生息する勢力

勉強のためにGBPUSDのチャートを抜粋しました。(‘ω’)ノ

皆さんはどの時点でゾーンが描けると思いますか?ゾーンは「使い方がいまいち分からない」という声が多数ありますが、前回の記事でゾーンの定義をお話ししたかと思います。覚えていますか?

ゾーン=『買いと売りのグループを視覚化』したものになります。

実を言うとゾーンは手法としてではなく相場環境認識の一環として見てほしいです。使い方が分からない方はもしかしたら、ゾーンを手法として認識しているため混乱が生じているかと思います。ゾーンはあくまでも相場の勢力がどちらに傾くのかを視覚化する道具であることから本当にトレンドの転換や継続などは別のものを見て判断してほしい所です。

ここからは、実際のチャートでお話をします。ちゃんとついて来てくださいね(‘ω’)ノ
ゾーン、あるいは、相場の勢力を見るためには必ず『全てのきっかけとなるローソク足』が必要になります。今回のチャートで全てのきっかけを作ったローソク足は赤い矢印で示しているローソク足になります。これでトレンドが大きく変わる可能性は十分にありますが、本当にそのローソク足が強いのかを判断するためには、逆の勢力の登場が必ず必要になります。このように青い矢印の逆勢力が出現してはじめてゾーンとして成り立ちます。

黄色い矢印の箇所が将来的にゾーンへと走っても高い確率でストップする可能性があるためゾーン付近でのエントリーは絶対に諦めなければなりませんよね(^^♪

いくら相場が勢い良くても皆さんは形や勢いに騙されないようにしっかりとしてくださいね(‘ω’)ノ

Key Points

① ゾーン=『買いと売りのグループを視覚化
② 手法としてではなく相場環境認識の一環として見る
③逆の勢力に注目する
④将来的に効いてくるため飛び乗りなどに気を付ける

↑最後に、応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。