【エリオット波動論】波の基本・カウントはどこから始めるべきなのか

エリオット波動論の基本形 ダウ理論&エリオット波動論
Translate

やあ、やあ、性格の悪いかちょーだよ

最近のYouTubeではショート動画をメインにダウ理論やエリオット波動論の波引きをアップロードしていますが、そろそろカウントの問題・参考回答などを準備していこうかなと考えているところです。

ただ、問題と参考回答だけぶん投げてもチンプンカンプンだと思うので、エリオット波動論のカウントをどこから始めればいいのかをテーマに展開していくぞ!

なかなか性格の良い内容じゃない?w




前提条件

エリオット波動論は相場環境認識をする際にチャートの方向性や今後の流れがどちらに動くのかを予想するという重要な役割を果たします。

ただし、万能ではありません。

エリオット波動論の波のカウントに基いてチャートを分析していく段階で①どこからカウントをスタートするのか。②時間軸はどこで固定すべきなのか。③全てのチャート場面、通貨ペアで通用するのか。などの課題がありますが、これらを全てクリアして全てのチャートに当てはめていくことは、非常に難しい話です。

それでは、勉強会ではどのようにエリオット波動論を捉えているのかというと、、、

分かる範囲で、あるいは、ここからカウントが始めることが出来るチャートのみを選択して相場環境認識を左右んの相場に展開してエントリーをしていることになります。そのため、エリオット波動論が聖杯であると勘違いしないようにしましょう。あくまでも、その他のインディケーターと同じく目安の一つです。ただ、その他のインディケーターと違い、これからの展開がどのような流れになるのかを分析するツールになります。

エリオット波動論の基本概念

エリオット波動論には様々なルールがあります。ただし、チャートは常にいい加減に動いていると言っても過言ではないので全ての条件が当てはまる必要性は必ずしもある訳ではありません。下記のいずれか2つ以上当てはめることが出来たらラッキー程度に思って頂ければ問題ないでしょう。

理論に基づいていますが、かちょーなりに考え方を曲げた感じがあるので参考までにw

エリオット波動論の基本形は【推進波5波+修正波3波】

  • エリオット波動論の基本形は【推進波5波+修正波3波】
エリオット波動論の基本形

エリオット波動論の基本形

上昇トレンド時のエリオット波動論で考えてみましょう。1波から5波の上昇は『推進波』、A波からC波は『修正波』と呼ばれている相場になります。相場の分析をする際には、現在がどこの位置に価格があるのかを把握することで、今後の相場がどちらの方向性に動くのかを予測しやすくなります。

ただし、皆さんもご存じの通り、チャート上でこのようにキレイな形でエリオット波動論のカウントが出来る訳ではないことに加えて、そもそも画像の様にきれいな形の波が作られる訳でもありません。

実際の相場では、多くの波が3波で終わることが圧倒的に多い傾向があるためチャートに期待しすぎることのないようにしましょう。

基本形は頭の中ではこの形になると考えて、決してキレイな推進波5波+修正波3波を必ず作ると思わないようにしましょう。例えば、かちょーFX勉強会では推進波5波でのエントリーはあまりお勧めしていません。そもそも推進波3波で終わる可能性の方が多いチャートの中で推進波5波という波の先端でエントリーする価値はあまり無いと考えています(それが推進波3波の波がある程度の大きさを作ったらなおさらです)。むしろ、修正波A波という急激に動く可能性がある波で思わぬ損失を被る可能性が大きいです。

修正波2波が推進波1波の始点を超えて波を作ることはない

  • 修正波2波が推進波1波の始点を超えて波を作ることはない
修正波2波が推進波1波の始点を超えることはない

修正波2波が推進波1波の始点を超えることはない

推進波1波、もしくは、勢いのある波を確認したらエントリーを考えるより、その後に来る修正波2波がどこまでの波を作るのかを必ず確認しましょう。

これも実際の相場ではよくあることですが、自分の相場環境認識で波が推進波1波としてカウントしていても、1波の始点を大きく超える波を作ることがあります。そのため、修正波2波が推進波1波の始点を超えないと確認することが出来たら、はじめて左側の波が推進波1波として認識することが出でき、これから推進波3波目を狙うことが出来る状態になります。

また、修正波2波が大きく推進波1波の始点を更新することがあれば、すぐに自分の相場環境認識に誤りがあるということを認識しましょう。

修正波ABC波を作っている可能性がある

修正波ABC波を作っている可能性がある

実際には、上の画像の様に『さらに左側の波が修正波A波であった』ということは珍しくはありません。

直近のカウントだけではなく、ある程度全体像を確認する必要性があるとはこのような事態を避けるためですね♪

推進波1波3波5波の中で3波が最短にはならない

  • 推進波1波3波5波の中で3波が最短にはならない
推進波3波は最短にならない

推進波3波は最短にならない

推進波3波目というのは、推進波の中で最も力強く長い波を作ります。この段階で、推進波1波と修正波2波の間で決着がつき、多くのトレーダーや相場を動かすことが出来る人達が本格的に更に参入してくる波です。そのため、推進波1波と修正波2波との間で行われた戦いが明確に終わったと判断できた瞬間、ものすごく強い波を形成して『あっという間に伸びた』という現象が起こりやすい波になります。

しかしながら、画像の様に推進波3波目が明らかに小さかった場合、①推進波ではない可能性を疑う。②別の波の大きさが見られている可能性がある③自分の波のカウントが間違っている。以上のことに気を付けましょう。

実際の相場でもこのようなことが発生する可能性は低いわけではないので、直面したら柔軟に臨機応変に考えていきましょう。

修正波4波が推進波1波を割り込むことはない

  • 修正波4波が推進波1波を割り込むことはない
修正波4波が推進波1波を割り込むことはない

修正波4波が推進波1波を割り込むことはない

教科書上ではこのように修正波4波が推進波1波を割り込むことはないと書かれていることが多いですが、実際のところ多くの推進波では修正波4波が推進波1波を割り込んでいることが圧倒的に多いです。

あまり教科書通りに考えてはいけないということでしょうか?

ただし、理論上では割り込まないと記述しているため、修正波4波と推進波1波が重ならないと考えましょう。そのうえで、このようなチャートに直面した際にどのように考えなければならないのか、という問題が発生します。

皆さんはこのようなチャートを見かけたらどのように考えて、どのように次は行動しますか?(教科書が全てではありません、その後のチャートがどのような行動をとるのかを予測することがエントリー上手につながります。(たぶん))

このようなチャートを目撃したら、今後の相場に力が無い可能性を示していることになります。特に4波までが完成された状態でチャートを想定すると、今後作られる推進波5波に勢いがなくなることが多いです。(少なくとも推進波3波並みの勢いがある相場を見込むことが難しいでしょう。)

だから、推進波3波の高値安値を更新した後でのエントリーは控えるようにしましょう。あまり良いことはありません。

逆に推進波5波が形として完成した後の相場に警戒する必要性がけっこうありますね♪

修正波4波、修正波2波がオルタネーションの法則になる

オルタネーションの法則

オルタネーションの法則

こちらも推進波が作られていく過程でけっこうな重要サインとなります。

修正波2波と修正波4波の関係では、一方が簡単な波を作り、他方では難しい波を形成するというのがオルタネーションの法則になります。

これを参考にこれから推進波が作られるという予測をしたら、次の情報が揃っていたらトレード戦略的に大きなアドバンテージを取れる可能性があるでしょう。①修正波2波が簡単(難しい)だった場合、修正波4波では難しい(簡単)な波が作られる可能性がある。②修正波の規模が似ていることを併せて確認することが出来たら、推進波5波が完成する可能性がある。

オルタネーションの法則は、修正波2波、修正波4波との関係性を説明したもので一見すると、完成してから分かるもの・過去の情報を提示してくれるものとしてあまり役に立たない説明ではありますが、見方を変えると推進波5波を取りに行くチャンスであったり、上手な人だと推進波1波の確認+修正波2波が簡単(複雑)という情報で推進波3波を取ることが可能になったり、エリオット波動論を勉強する上で無視はできない法則になります。

推進波5波が3波を更新するとは限らない(トランケーションorフェイラー)

トランケーションorフェイラー

トランケーションorフェイラー

エリオット波動論を用いて波のカウントをして、修正波2波と修正波4波ほぼ同じ戻り幅だと分かったとしても推進波5波が推進波3波を更新しないことが稀にあります。実際の相場でも推進波5波目を狙うことをおすすめしない理由の内の一つと考えても過言ではありません。高値安値を更新すると過信しすぎると痛い目に合います。

波的に考えるともう少し大きな個所を見ていて、自分が推進波5波だと考えている個所が実は大きな目線では修正波の塊ということもあります。

波的に考えて、ここでストップしてそのまま5波目としてカウントすると少しばかり気持ち悪いし、今後の波を考える上で何かと支障があるため、常に下の画像の様に考え直すことをお勧めします。

トランケーションやフェイラーとして考えより、、、

トランケーションやフェイラーとして考えより、、、

推進波5波目の後に修正波A波B波C波が作られることは、可能性としてはとても高いことですが、フェイラー(トランケーション)のように推進波3波を超えることが出来ない事実が存在する以上、以降の相場を修正波A波B波C波が来ると考えるとキレイな波になって思考も単純化されるのではないでしょうか?

修正波に限らず推進波でも内部が3波を作ることは全然珍しくないため、『推進波3波まで完成した』⇨『5波目だと考えていたところが3波を超えることが出来なくなった』⇨『考えを改めて修正波が発生する』と考えた方がいいでしょう。

推進波は延長する場合もある(エクステンション)

こちらも相場としてはかなり目にするものではないでしょうか。

推進波1波、もしく、推進波3波がかなりの大きさの波を作って修正波4が修正波2波まで戻ってくることなく、そのまま推進波5波目を作って完結する。

個人投資家としては、非常に波に乗ることが難しく、なおかつ、フェイラーが発生しやすく結果的に推進波が3波で終わってしまうことも多々あるのではないでしょうか。

このような相場は潔く諦めて次の波が作られるのを素直に待ちましょう。待ちきれずエントリーしたら思わぬ損失を被ることがあります。

ダウ理論と一緒に考えることが重要

ダウ理論とエリオット波動論はそもそも役割が異なるため、どっちが大事というお話しは中々できません。ただ、トレード面を考えたらダウ理論と一緒に考えて積極的にトレードに使わなければならない部分が存在します。

だいたい高値安値の話しですが、場面別に考えていきましょう。

修正波ABC完成後の推進波1波

修正波ABC完成後の推進波1波

こちらは修正波A波、B波、C波が作られた後の相場を想定してください。

推進波1波がこれから作られていく場面になりますが、推進波1波目が作られる過程において波がどこまで伸びるのかという目安となるゴールが中々ありません。

推進波1波はある意味で修正波B波内で収まっても問題はありませんし、更新しても問題ありません。機関投資家と呼ばれる相場を動かす人達が手探り状況で『修正波が終わったからそろそろトレンドに戻そう』という場面になりますので急激な波を作ったり、修正波C波が終わったか半信半疑の状態なのでグちゃぐちゃに動いたり何かと厄介な波です。

ですので、我々個人投資家という弱い立場の人達は危険性をしっかりと考慮して、『一旦ここまでの間をゴールと考える』という控えめなスタンスを保って修正波B波の高値(安値)をゴールとしてください。(もちろん、高値(安値)付近でのエントリーは控えて、保有ポジションがあれば手前で大人しく退けるようにしましょう。)

もちろん、修正波B波の高値(安値)を大きく更新することもありますが、見逃して3波目で勝負するようにしましょう。

推進波5波が推進波3波の高値付近にいるとき

推進波5波が推進波3波の高値付近にいるとき

こちらは特に推進波5波目が推進波3波目の高値(安値)を更新する様な動きを見せた場合になります。

推進波3波まで波が作られると、相場としてある程度の大きさを持った波を作ったということを示すため、推進波3波の高値(安値)ギリギリまで狙うトレードは控えましょう。ダウ理論的にゴールまで到達したら、戻りの波を作ると定義している以上、欲をかいてわざわざ危険な行為をする必要はないでしょう。

過去の気になる高値安値

過去の気になる高値安値

こちらは過去の気になる高値安値が左側の相場にあるケースです。

これも基本的なことなのでしっかりと覚えましょう。

推進波3波は、推進波1波と比べると同等、もしくは、それ以上の波を作るため、推進波1波の高値安値を大きく更新する様な動きをすることがあります。相場が進むにつれて、直近の推進波1波の高値安値を警戒するのはもちろんですが、過去の気になる高値安値が存在するのかもしっかりと確認しましょう。

相場が大きくなるにつれて過去の高値安値が我々個人投資家のゴールとなり得る可能性が高いため、無視はできません。

特に推進波5波になると、直近の推進波3波目の高値(安値)+過去の高値安値が合わさると強力な主張となりやすいので注意しましょう。

波引きとカウントは時間軸を決めよう

長期足、短期足の利点・欠点

波引きを行う際に必ず決めなければならないものといえば、どこの時間軸を参考にして波引き・カウントを行うかです。時間軸が異なれば、当然ながら直近の波が推進波であるのか、修正波であるんかが変わってきます。例えば良くあるのが月足単位の時間軸では推進波でも、短期足では修正波を作っている最中といったことがあります。

また、当然ながらダウ理論やエリオット波動論というのはチャートを分析する際の目安といっても過言ではありません。世の中様々な理論やインディケーターが存在強いていることから、もしかしたらかちょーFX勉強会で取り扱っているダウ理論やエリオット波動論よりも正確で信頼できるツールがあるのかもしれません。それも時間軸でも言えるのではないでしょうか。一概に長期足が正しい、短期足が間違っているとは言えません。どこからカウントを開始すべきなのかという問いに対しても同じようなことが言えないでしょうか?

といった感じでかちょーなりの長期足のメリット・デメリット、短期足のメリット・デメリットをまとめます。(どれを参考に使うのかは当然自由です。)

長期足のメリットとして真っ先に挙げられるのが①長期足に対する信頼感。②トレンドがゆっくりと分かりやすく進むことからカウントのしやすさ。③いちいちカウントを変える必要性がない(高値安値が基本遠い)。④目線の固定を長期足できるため、中短期で臨機応変で変えるだけ。以上が長期足を軸にカウントをするメリットではないでしょうか?

逆に長期足のデメリットを考えてみましょう。①波が作られる期間が長いことからエントリーを逃したら、当分出来ない。②トレンド転換の判断が遅くなる。③推進波、修正波共に期間が長い。思い浮かんだ範囲内ではこのくらいでしょうか。


他方で短期足はどうでしょうか。短期足のメリットとも言えるのは①トレンドの転換が見やすくなる。②早い段階でエントリーが出来る可能性が出てくる(痛い目に合う可能性もある)。以上の内容でしょうか?

デメリットはたくさんあるので見て行きましょう。①相場が荒れていることから波引きやカウントが不安定になりがち。②トレンド転換の判断が曖昧になりやすい(ダマシと言えるものに遭遇しやすい)。③いちいちカウントが変わるのでトレンドの方向性がつかめない。④目線の固定が出来ない。⑤どこまで波が伸びるのか分らない。⑥推進波だと考えていた個所が修正波であるときも多々ある(逆も然り)。⑦カウントしている短期足の下位足も不安定になりがち。⑧細かい波を気にするようになる。

内容をまとめると以上が長期足、短期足のメリット・デメリットではないでしょうか?

皆さんはどのような時間軸をベースに考えていきますか?

全てのチャートで通用する訳ではない

AUDJPY月足 21年11月時点

AUDJPY月足 21年11月時点

極端で一番分かりやすいチャートは上の画像ではないでしょうか。

エリオット波動論は相場環境認識としては優秀ではあるが、決して完璧である訳ではありません。今回のAUDJPY月足の様にレンジ相場を作っているチャートでは、中々エリオット波動論に基いた波のカウントが効果的に出来るとは言えません。

波引きやカウントが出来ないチャートは数え切れないほど沢山あります。ただ、トレード面において、そんなこと言っていたらエントリーなんてとても出来ないことになります。ほとんどの長期足チャートではレンジ相場・一直線に進んでいる相場・波を作っている相場など様々な形をしていることから、統一感があるルールというのを定めるのも中々難しいものです。さらに、相場を動かすことの出来る人達は本当に過去のチャートを隅々まで見ているのかという問題もあります。そうなってくると、何かしらの法則や自分がエントリーをする際にエントリーの根拠となるものをそろえる必要が発生します。

そこで、かちょーFX勉強会で取り扱っている基準の波というものが役立ちます。

結論、エリオット波動論はどこから始まるのか

全ての時間軸や過去チャートを波引き・カウントをしていたら本当にキリがありません。

客観的にチャートの判断が可能で、誰が見てもそこの波が支配波であると判断できる材料が基準の波というものです。

まず相場環境認識を行うチャートを選択したら、月足を確認しましょう。そこから基準の波となる特徴(『勢いのある波』『推進波第1波』『修正波』)を示す波を見つけて、そこを相場の起点として考えましょう。はじめからエリオット波動論の波のカウントが難しくて推進波第1波を探すのが難しくてもチャートを見たら『勢いのある波』と『ぐちゃぐちゃしている波』の判別は恐らく誰にでも出来ると思います。どちらか一方を見つけるようにして波引きやカウントをするようにしましょう。

先程も述べましたが、相場を動かすことの出来る人達は本当に過去のチャートを隅々まで見ているのかという問題があることから、過去の細かい所や見られていない可能性のある個所、あるいは、過去過ぎる箇所に注目している意味が本当にあるのかという問題があるため、月足でこのくらい引いた場合において基準の波となり得る部分を探しましょう。(まあ、あれか常識の範囲内で?)⇩

基準の波を見つける

基準の波を見つける

チャート上で『勢いのある波』(『修正波でも可』)を見つけたら、そこを軸に左右を考えることにしましょう。証券会社によっては、さらに左側を表示している場合がありますが見える範囲で誰が見ても客観的に『勢いのある波』と言えるものが赤色の波でしょう。(黄色は中期短期である週足においての基準の波)

ここから波引きやカウントを考えれば余程問題はないでしょう。

基準の波を見つける02

基準の波を見つける02

ここまで出来たら、後は赤色の波をベースにそれ以降の波が何を示しているのかを考えるだけです。それが完了したら、直近の中短期の波がどのような波作って、どのようなカウントになるのかを行います。

カウントの候補としては下のチャートが2021年11月21日時点ではこのようになるでしょう。

GBPUSD 2021年11月21日時点

GBPUSD 2021年11月21日時点

後は中短期の時間軸において細かい所を見て行けば問題ないということですね♪

週足のカウント候補としては下のチャートが2021年11月21日時点ではこのようになるでしょう。

GBPUSD 2021年11月21日時点 中短期のカウント

GBPUSD 2021年11月21日時点 中短期のカウント

 

関連記事

コメント

テキストのコピーはできません。