【波引き】波が描けるようになろう3

ダウ理論&エリオット波動論
スポンサーリンク

皆さんこんにちは~

チャート上に波を描くことには慣れましたか?本当に重要な作業になりますので怠らず精進しましょう(^^♪
さて、今回では波を3つのグループに分けることについて勉強します。チャートをしっかりと見ないと描き忘れ、修正波の相違や描き間違いなどが生じるので気を付けましょう。

ダウ理論のトレンドの定義に基づいて波を描く↓

波を『大と中』のグループに分ける↓

スポンサーリンク

波を『大中小』に別ける意味

波を『大中小』で別ける意味
①相場の高値安値を明確にするため
②チャートを単純化するため
③相場において自分の現在地を把握するため
④波の規模を整えることによって未来の相場を明確化するため
⑤意識している時間軸を見極めるため
⑥スタート地点とゴールを決めるため
⑦ 事前に物事をいち早く察知し、どのような対応をすればいいのかを考えるため

注意点
①相場はデタラメに動くものです
② 相場に対して完璧さ・正確な答えを求めても意味がありません
③ 相場を細かく分析しようとする禍々しい根性

これらを一言にまとめると、【トレードをする環境を整えるため】です。

波を『大中小』で別ける

波をグループごとに別けるときに一番簡単な方法として、
「分かるところから引いていく」ことが大事になります。
いきなり修正波から探しても頭がぐちゃぐちゃになります。まずは誰が見ても分かるところからスタートしましょう。
これだけ描いても下がっているのは分かりますが、①実際のところ本当に売っている人たちが強いのか②本当にダウントレンドなのかを知る必要があります。

先程の①、②を知るためにも最初に黄色い波の中で大きい修正波(戻りの波)を見つける必要があります。
大きい波が見つかったら、規模の確認を必ずしましょう。両方とも近い大きさの波であれば問題ないです。

同じ規模の波が見つけることができて特に問題がなければ結びましょう。(^^♪
ここまでが『大と中』の規模で波を描いたチャートになります。

そうしたら、次に行うこととして赤の波の中でも次に大きい波を見つける必要があります。

赤の中でさらに小さい規模を見つけるとこうなります。

このように、波を描くことによってチャートの整理整頓・トレンドの転換部分が明確に分かります。
学習が進むにつれて実際のチャートにおいて具体的にどこの部分がトレンドの転換であるのかが見えてきます。(^^♪
次回ではエリオット波動論の考えカウントを考えていきます。(‘ω’)ノ

波引きは数学の問題と一緒で数を熟すことによりやっと自分自身の力へと変換されます。ただ、波引きは少し特殊で、下手に数を熟すだけでは何も見えない、あるいは、時間だけが過ぎていき何も吸収できなくなります。大事なのは波を描くこととプラスアルファになります。このプラスアルファがなければ成長するスピードが遅くなってしまいますので注意が必要です。

Key Points

①波を『大中小』で別ける意味を知る
②最初は分かるところから描く
③修正波を意識する
④勝つためには波引きプラスアルファが必要

それではまた次回の投稿をお楽しみに~ (=゚ω゚)ノ
また、この記事が少しでもいいと思った方は【RTでばら撒いてください】(笑)

かちょーFX勉強会専用のLINEも作ったので良かった追加してくださいね~

応援ボタンをクリックして頂けると大変喜びます(^^♪


為替・FXランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村

コメント

テキストのコピーはできません。