【エリオット波動論】修正波の横幅は関係あるのか?

ダウ理論&エリオット波動論
スポンサーリンク

皆さんこんにちは~

今回は、以前募集をしたアンケートの中に面白い回答があったので、それについてお話しをします。

意外とちゃんと見ていますよw

皆さんも『こんな記事あったらいいな~』的なことがありましたら今後のご参考にさせて頂きます。アンケート内容は下のページになります。

気になった内容や投票数が多かったものは記事になるのかもしれません。。。(^^)/

↑応援クリックよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

そもそも修正波とは?

皆さんは修正波がどのような波であるのかを理解していますか?

修正波とは常に複雑な動きをして一般投資家を惑わせています。

修正波の中には、『トレンドが発生している時に利食いとしてポジションを決済する人達』、『逆張り勢』、『本気でトレンドが切り替わったと錯覚する人達』、『小遣い稼ぎでエントリーする人達』、『本来のトレンドに対する追加エントリー』などたくさんの思考が複雑に交差してできる波です。要は、買いの人達と売りの人達が同じ戦場で戦っていることを意味します。

同じ波に複数の思惑と2つのグループが存在したら、波が複雑になっても全然不自然なお話しではありません。むしろ、自然ですねw

修正波をマスターする理由

トレンドの方向に進む推進波は簡単な形であったり、勢いのある波を形成することから比較的トレードチャンスを活かすことが可能です。

それに比べて、修正波ははっきりと修正波であると識別するのは初心者には難易度が高く、結構難しいテーマになります。

マスターするには少々時間がかかります。(*´Д`)

しかし、この修正波をマスターすれば、私たち個人投資家に様々な恩恵をもたらしてくれます。頑張って最後までやりきりましょう。(‘ω’)ノ

トレード的に修正波をマスターするメリットは大きく以下の2つではないでしょうか?

相場の現在地を把握し、カウントの制度を上げることができる

エリオット波動論を勉強する目的と言っても過言ではない部分です。

ダウ理論だけでは、正確な位置関係を掴むことはとても困難なことであるため、トレードの精度を向上させるためにエリオット波動論を勉強します。

現在の波がどこに位置して、これから将来にわたりどのような波を作り上げていくのかを事前に知ってトレードに臨むことにより損切や変な箇所でのエントリーが激減します。(‘ω’)ノ

加えて、修正波をマスターすることにより、本来であればどこから修正波が始まり、どこの時点で終わるのかが分るようになりチャンスを作りやすいということになります。修正波のパターンや特徴が、正しくカウントするためのヒントとなることがよくあります。

エントリーのタイミングがわかるようになる

修正波を知るということは、相場において難しい部分を知るということが言えます。チャート上で難しい場面を予め察知しているのとしていないのでは、エントリー、特に利益に大きな影響を及ぼすことになります。

エリオット波動論のルールに基づいてのカウントをしっかりと把握していることが前提条件とはなりますが、エリオット波動の修正波をマスターすれば、修正波終点付近の『ここだ!』という箇所からエントリーすることができるようになってきます。

エリオット波動論のカウント方法を極めたい方は↓

修正波の大まかな特徴

修正波の大まかな特徴としては、推進波とは異なり多くの波が形成されテクニカル的には同じ階段の波でも、その複雑さや時間の長さ(横軸)によっては異なる階段の波のように出現します。

ローソク足ダウ理論の並びが汚い

まずは修正波の形・パターンと言ったら真っ先に思い浮かぶことではないでしょうか?

修正波ではローソク足の並び・高値安値の関係がバラバラで不規則性が高いと言えます。理由は上記に書いた通り、修正波の中では常に2つのグループが互いのお金を奪い合おうとしているからです。

一般投資家の皆さんはわざわざここに参入する必要はありませんね( ;∀;)

高値安値、ローソク足の並びに加えてもう一つ修正波をローソク足レベルで見分けるコツはローソク足一本でヒゲを多く作っていることにあります。ヒゲが多いということはローソク足一本の中で複雑な動きをしていることになりますね( ゚Д゚)

波の中で波を作っている

こちらも『ザ・修正波』の特徴ともいえる相場のパターンです。

波の中で波を作っているというのは高値安値を更新することができず、推進波に対して勝負をつけることができなかった波になります。

相場としては修正波という相場を作っているので間違ってエントリーをしないようにしましょう。

ゴールが不透明

修正波というのは特定のゴールがあるわけではないので、どこまで進んだら『修正波が完了した』という明確な判断基準というものは実は存在しません。

それにより、自分が予め想定していた水平線やゾーンに必ずしも反応するわけではないので修正波という波は難しい波であると言えます。

修正波の種類は意外とたくさん存在する?

オーソドックスな修正波ABC波

まず皆さんに絶対覚えて頂きたい修正波です。

このシンプルでオーソドックスな修正波は相場上で最も多く出現し、かちょーFX勉強会で最も活躍する修正波です。波としては修正波A波、B波、C波の3波で構成されています。トレードをする際や相場環境認識をする際に最も活躍する修正波ですので、ぜひ覚えましょう。

レベルが上がったら、相場の転換点をより明確に知るためにローソク足レベルでどこの部分で推進波が終わり、どこの時点で修正波A波がスタートして修正波C波が終わるのかを分析しましょう。これを知ることにより、エントリーポイントや逆に、エントリーすべきでない箇所が判断できるようになります。

修正波2波・4波

こちらも相場環境認識をする上では、頻度的にオーソドックスな修正波ABC波の次によく利用する修正波です。相場が推進波5波を形成したら、自動的に(強制的に)使う修正波です。

こちらの修正波は、エリオット波動論上のルールでは次のような事項があります。

  1. 修正波2波の始点と修正波4波の終点は交わらない
  2. 修正波2波のと修正波4波はオルタネーションの法則が成り立つ

①では、修正波が交差するようでしたら、自分が見ている相場のカウントが間違っている可能性を疑うのと同時に修正波が交わるということは、5波目の波が今後、強い勢力で上昇(下落)するとは考えにくいと考えましょう。②では、修正波2波と4波の間では高い確率で一方の波が単純な修正波を形成し、他方では難しい波を形成するということを意味します。波の単純、複雑は副次波(1つ小さいレベルの波)を見て判断しましょう。

修正波ジグザグ(内部構成5-3-5)

ここから先の修正波の種類は相場上ではあまり発生しないので、かちょーFX勉強会でも結構例外として割愛している部分です。

例外ばっかり考えて相場を自らの手で難しくするのは、得策ではないので常にオーソドックスな修正波で相場を分析するようにしています。

修正波ジグザグの特徴としては以下の通りになります。

  1. 前回の推進波に対して大きく修正波を作る(A波、C波の内部構成が5波であることが多いため。しかし、相場を見ていると5-3-5ときれいに相場を形成していることは、よっぽど珍しい)
  2. 修正波の内部構成が5-3-5
  3. C波が圧倒的な大きさになる可能性がある
  4. 他の修正波とは異なり修正波A波が内部構成として5波を形成するため、早期にジグザグを作ると仮定することができる

修正波フラット(内部構成3-3-5)

数多くある修正波の中でもかちょーFX勉強会で唯一『これは相場で発生してもありえるぞ』というのがランニングフラットです。ランニングフラットでは修正波C波が修正波A波の終点を超えることができない波です。実際の相場でも出現する可能性としてはあるので覚えておきましょう。

ただし、修正波ジグザグでも書きましたが、滅多に出現しないことから例外として考えることが自然です。大前提としてオーソドックスな修正波が相場に出現することを頭に入れておきましょう。(特に拡大型フラットは絶対に使いません。別の波として相場を考えてまとめた方がチャートをまとめやすいからです。)

修正波フラットの特徴は以下の通りです。

  1. 修正波の内部構成が3-3-5
  2. C波がA波の終点を超えた付近で修正波が完成することがよくある。(ランニングフラットのC波はA波の終点に届かない)
  3. かちょーFX勉強会では拡大型フラットは使わない

修正波トライアングル(内部構成3-3-3-3-3)

トライアングルの修正波は拡大型、上昇型、下降型、ランニングトライアングル、トライアングルと種類はありますが、今回は最もオーソドックスな修正波を書きました。

特に、拡大型は相場で見かけないので(そもそもトライアングル自体も使わない、見かけない)特に意識する必要性はありません。

存在するんだ。。。という認識程度でいいかと思いますw

修正波の横幅はどう考える?

さて、修正波について1から書いていきましたが、結構な文章量になりましたねw

今回のテーマについての結論は、修正波は同じ値幅をしていれば横軸である時間は関係ないということです。これはよくオルタネーションの法則が成り立つ相場や左側である程度大きな推進波を作った相場をご覧になって頂ければと思います。

オルタネーションが成り立つ相場では、一方の相場が単純な波を作り、他方が複雑な波を形成しますが、単純な波を形成する場面では波として3波を作らずに1波で完結している時が多いです。複雑な波を作っている相場では、多くの場合3波を形成して1つの波としてまとめることができます。

修正波が作られる時間の違いによって『これは1波で完結しているから修正波として考えるのはおかしい』『修正波にしては作られる期間が長すぎる』といった考えは全く関係なく、重要視しなければならい箇所は修正波の値幅(価格軸)です。

修正波という波そのものが難しい相場を作っているため、あまり横軸を考えても意味はありません。特に、左側の推進波に対してある程度の大きさを修正波を作るため、横幅よりも『どこで修正波がスタートしてどこで完結するのか』という情報が大事になります。

↑最後に、応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。