【質問】損切りラインの決め方や損切りをしない問題点

質問 その他
Translate

やあ、やあ、性格の悪いかちょーだよ!

ブログの購読者さんから質問が来たので共有するよ!

内容を要約すると、、、⇩

頻繁に損切に合ってしまします。根拠のある損切ラインを決める方法はありますか?

だいたいこのような内容の質問を頂きました。

損切りについて1から全てを教えますので参考にしてみてください。

では、損切りについて語っていくぞw




損切りとは

損切りとは保有しているポジションを手放して損失を確定する行為です。FXやその他の金融商品では、いかに利益を出すのかをかなり意識されがちでちですが、予想と異なる動きによって損失が発生した場合に適切な対応ができるのかという点が自分の資産を守り、結果的に利益を出し続けるコツでもあります。

仮にトレードで利益が出たとしても、損失を上手にコントロールすることができずに別のトレードで大きな損失を出せば最終的に手元に残るお金が少なくなります。

簡単な算数問題として考えてみましょう。例えば、『利益が100万円、損失が150万円』と『利益が50万円、損失が20万円』の二つのパターンを比べてみましょう。利益が多い方は前者ですが、トータルの損益を考えた場合前者がマイナス50万円、後者がプラス30万円となり、最終的には後者の方が多くの利益を得ています。このように、仮に利益単体が大きくても大きな損失を出してしまうと、トータルの損益がマイナスになることもあります。

しっかりとトータルでプラスの損益を出すためには、まず損失を最小限に抑えなければなりません。そのためには、損失が膨らんでいく前に素早い損切の判断をすることがカギになります。

かちょーFX勉強会を受講している生徒や私を含め、損切りが出るケースは必ずどこかのタイミングで発生します。FXの基本は、損失が出ることを大前提として考え、損失はできる限り少なくするようにコントロールし、利益はできるだけ大きくする『損小利大』になるようにトレードをすることが基本です。

FXはトレードをすることによって必ずと言ってもいいほど、利益が出るトレード・損失が出るトレードを経験することになります。技術の向上や経験を積んで勝率を上げることができても将来を100%の的中率で予想をすることはできません。

人間はプロスペクト理論によると、投資家は収益よりも損失に対して長い期間耐えて、利益が出ている場合は損失回避的な利益確定に走りやすいです。他方、損失が出ている場合はそれを取り戻そうとしてより大きなリスクを取るような投資判断を行いやすいとされています。つまり、人間は自分の利益のために非合理的な選択をして『損大利小』になる行動を取りやすいということです。

考えもせずにトレードをしていると、気付かない内に損失を大きくするような行動を取っているかもしれませんね。

そのためには、損失額を少しでも減らせるように意識的にコントロールするようにしましょう。

損切りが難しい理由

損切りが重要だと分かっていても、『損失を確定させることに抵抗があったり』、『いつか戻るという根拠のない考えを持ったり』『負けるのが何が何でも嫌だ』などの思考がめぐるため、FX初心者の方々や絶対に勝ちたいと思っている方々は、損切りに対しての抵抗あったりするので中々行動に移せないのが現状でしょう。

しかしながら、損切りをすることは投資をする上で避けられない選択です。損切りができるようになり安定して利益を出すためには、まずはFXの初心者にとってなぜ損切りが難しいのか、なぜ損失を拡大させやすいのか、その理由を理解することが大切です。

損失を確定させることに対する抵抗感

FX初心者や絶対に勝ちたいという思考を持っている人達にとって損切りが難しい理由のうちの1つが、チャートで損失が発生しているにもかかわらず、損失を確定させることに抵抗感あることではないでしょうか。

保有しているポジションを決済したら損失が確定するため、人によっては損失を確定すること自体に抵抗感を覚えて損切りを躊躇してしまいます。

そもそも論普段の生活で『損失を被る』出来事を経験する機会は少なく、FXで損失を出すということに慣れていないことが抵抗感を生み出す要因の一つと言えます。多くの方々はFXでお金を稼ぐために始めたという動機を強く持つと『損切り』をすること自体が悪のように捉えてポジションを損切りすることに躊躇するしてしまいます。

FXで大事なことは一時的に勝つことではなく、いかに負けを繰り返さないトレード方法を確立することによって最終的に利益を残すのかということです。

損切りはポジションが悪いと気付いた時にすぐに切るようにしましょう。

いつか戻ってくるという根拠のない考え

損切りをすることが難しい理由の2つ目として、損失が発生したときに『いつかは戻るだろう』と根拠のない考えに振り回されることなのではないでしょうか?

自分が保有しているポジションとは真逆の方向へ進んで含み損を抱えた場合、『これだけ下がれば必ず少しは戻るだろう』『左側に見える水平線で跳ね返ってくるから戻るだろう』『いつか必ず戻るだろう』などと根拠なく考えてしまい、損切りをどんどん先延ばしにして含み損を膨らませてしまいます。

なぞの根拠が効果を発揮しないことから、値が元に戻らないケースが圧倒的に多く、塩漬けするケースやさらに悪化してポジションの含み損が膨らむなど最悪なシナリオは少なくありません。

『さっさと切っておけば良かった』と後悔することも経験したことはありませんか?

含み損を抱えている多くの場合、人は冷静な判断をすることが難しくなり、どうしても自分の都合の良いように考えてしまいます。『もし戻ってきてくれたら損失が減るのに』『もしかしたら左側に存在する水平線で反応して状況が反転するのかもしれない』と思った場合は、しっかりとその考えに根拠があるのかを冷静に判断しましょう。

大抵の場合、良くない結果になります。早めの判断をしましょう。

何が何でも負けるのがイヤ

FXをしている多くの方々はお金を儲けるために投資をしているはずです。しかしながら、FX歴が重なるほどに謎の根拠がない自信を生み出してしまう場合があります。そのころになってくると、負けること自体の行為がどうしても許せなくなり、何が何でも負けることを拒む姿勢になりがちです。

負ける時はしっかりと負けて、次のトレードで冷静な判断ができるまで落ち着いてチャートとは距離を置くようにしましょう。

負けることは『悪』ではありません。自分のトレードに対する必要経費として考えてください。資金が残っていれば必ずどこかのタイミングで取り返すことはできます。負けを受け入れて次で失敗しないように反省をして振り返ることも大事な作業です。

損切りをせずに塩漬けにするデメリット

損切りをせずに塩漬けにしてしまうと、損失が膨らんだりメンタルが崩壊したりと、多くのデメリットが生じます。塩漬けとは、ポジションを保有後、損失が発生し続けているにもかかわらず保有し続けることで含み損を抱える状態のことです。

相場環境認識をして自分が保有しているポジション通りがトレンド方向に転じる根拠がある場合は別ですが、含み損を抱えてその後の動きが読めない状況であれば迷わず損切をしましょう。

運に任せて含み損が回復することはありますが、運任せのトレードでは単なるギャンブルになってしまいますので注意しましょう。

塩漬けトレードをした場合のデメリットを見て行きましょう。

まず一つ目のデメリットは『早めに損切りをした場合より損失が増える』ということです。損切りができずにいつまでもポジションを保有してしまうと当たり前ですが、損失がどんどん膨らんでいきます。『早めに損切りをしておけば良かった』と後悔することが多く、資金面だけでなくメンタル的にも大きなダメージを負うことになります。

例えば保有しているポジションとは真逆の方向に進んでしまった段階で早めの損切りをすれば損失が少なく済む話しですが、損切りを躊躇してしまったために損失が大きく膨れ上がるケースがあります。少し逆の方向へ進んだのを見て『下がったからそのうち上がるだろう』と考えた場合でも、その後に売り相場がさらに売り相場を引き寄せることに繋がり、急激に損失が加速する結果になってしまいます。

二つ目のデメリットは『資金が拘束されて他の通貨ペアでの機会を失う』ということです。保有しているポジションの損失が膨らみ続けて、そのまま損切りをせずに保有していると他の場所でのエントリー機会を失う可能性が大きくあります。早めに損切りをしていれば他の優秀なチャートで勝負できる可能性を秘めているのに自分でその道を閉ざしてしまうことになります。

そもそも数字的に言うと40PIPS以上の損失が発生している通貨ペアでは、『エントリータイミング』『方向性の違い』『相場の流れ』のいずれかが自分が考えていることとは違うということになります。エントリー対象として適切なのかどうかを改めて考える必要があります。

損失が発生しているのであれば、わざわざそこのポジションにこだわる必要性は一切ありません。

FXは他にも様々な通貨ペアが存在します。他の通貨ペアで利益が見込めるような相場環境認識内容であれば、資金を利益が生みやすい所へシフトするのも選択肢としては良い判断だと思います。

三つ目のデメリットは『落ち着かず冷静にトレードできない』ことではないでしょうか?損切りができずに塩漬けにしているとメンタル的にも削られていきます。

負けを認めずに損失をずっと抱えていると、いつまで経っても心の落ち着きが持てず、冷静な判断は絶対にできないものです。FXをトレードする際にはメンタルも重要な要素であり、冷静な判断ができなければ相場環境認識への自信が崩れたり変なミスが増えて負の連鎖が続きます。

メンタルが崩壊した状態でさらにトレードをすると、損失を取り返そうとして無茶苦茶なエントリーが増えて、さらに損失を引き寄せる悪循環に陥ります。

早めに悪循環を断ち切るために負けを認めて損切りをするようにしましょう。

損切りラインの目安

損切を決める際のポイント

ここからが本題と言ってもいいですねw

損切りラインには明確な正解や絶対的な判断基準はなく、『損失率』『損失額』『相場環境認識に基いて超えてはならない場所』『トレード根拠』などを下に損切りラインとなる個所を決めることをおすすめします。

利益が出しやすい・使いやすい方法と感じるトレードルールは人によって異なるので、明確な基準の設定が決まっている訳ではありません。どれが正しいと一概に判断できないということです。

技術の向上と経験を積み重ねながら自分に合ったトレードスタイルを探し、試行錯誤を繰り返すなかで最も利益を出しやすいと感じるトレードスタイルを確立させていくのが投資の世界と言っても過言ではありません。

トレードルールなどによって異なりますが、損切りラインを決める際のポイントをまとめます。

損失額や損失率で損切りラインを決める

予め決めていた損失額や損失率に対して、損切りを決めるのは最もポピュラーな損切りの仕方ではないでしょうか?『証拠金に対して○○%の損失までに損切りを抑える』『損失額が○○円になったら損切りをする』『○○PIPSになったら損切りをする』『有効証拠金に対する○○%の損失までに損切りを抑える』などなど決め方は人それぞれ異なるので、これといった正解はありませんが、損切りラインを損失額や損失率で決定する人は多いです。

ただし、通貨ペアによって動きが激しいものもあれば緩い動きをするものがあるため、損失率や損失額の基準として『○○%や○○円』が良いと一概には言えません。

例えば、すべての通貨ペアに一律で同じ基準で損切りラインを設定すると、値動きが激しい『GBPJPY』『GBPAUD』『GBPNZD』などではすぐに損切りに合う羽目になり、逆に値動きが緩い通貨ペアでは、いつまで経っても損切りラインにかからず、損切りの基準を設定した意味がなくなる可能性があります。

○○通貨ペアであれば、『1時間当たり』『4時間当たり』『日足当たり』などの値動き幅がどれくらい変動しているのか、○○通貨ぺアであれば損切り基準をどのくらいの『○○%』または『○○円』にすべきなのか、損失を適切にコントロールするための妥当な損切り基準を設定できるようになるには、実際のトレードを通じて感覚を掴んだり、チャート分析をする必要があります。

そのため、損切り基準として実際にいくつかのパターンを試してみて、損失率や損失額として『○○%』や『○○%』を基準にすると、全体として損失コントロールがうまくいき最終的に利益が手元に残るようになるのか、試してみてください。

ここで注意したいのが、特に海外口座を使ってFXをトレードしている人達です。海外口座を使うと国内では制限されているレバレッジ範囲を大きく超えて、少ない資金で大きなトレードができる点です。

これを例えば、10万円の資金を元に枚数を10万通貨でUSDJPYをトレードすることを想定しましょう。損切りラインを予め『1万円』と金額面で決めてしまうと、10万通貨分の1万円の損失とはつまり、10PIPSになります。エントリーした場所から損切りラインが10PIPSというと、どの通貨ペアでも簡単に到達出来てしまう値幅になってしまいます。そのため、単に損失額だけを決めてトレードしてしまうと損切りの嵐に合い、簡単に資金を全額溶かしてしまうことになります。

損失額を『○○%まで』『○○円まで』と決めることは大事ですが、実際にトレードをする『枚数(ロット数)』も一緒にバランスよく考えましょう。再度上の同じような条件で考えてみましょう。(10万円の資金を元にUSDJPYをトレードすることを想定して、損切りラインを予め『1万円』と決めましょう。)

我々が日々トレードをしているとき、相場は毎回都合良く利確される訳ではありません。当然損切りに合います。通貨ペア毎に動く値幅をしっかりと考え、『ここまで逆行したら危ない』というラインや『時間毎に動く値幅』を考えて適切なトレード枚数を考えましょう。損失額を『1万円』と決めているのであれば、10万通貨では10PIPSですぐに切られてしまうため、例えば枚数を5万通貨に設定することによって、20PIPSまでの損切り幅を見ることができます。(枚数を3万通貨に設定すると損切幅は約30PIPS前後など)

損切り幅20~30PIPSになると正確なエントリーポイントを押さえていれば、よっぽど損切に合う可能性は低いので損切りを設定することが出来つつ、利益をしっかりと確保しやすいです。

損切りを『○○%』『○○円』に設定することは間違っていませんが、自分がトレードする枚数のことを一緒にしっかりと考えましょう。

トレードの根拠が無くなる場面で損切りラインを決める

かちょーFX勉強会では『○○PIPS』や『ダウ理論的に根拠が無くなるポイント』で損切りをすることを常におすすめしています。

トレード根拠をもとに損切りを考えることですね。

ダウ理論を使って損切ポイントを決める

ダウ理論を使って損切ポイントを決める

例えば波をもとに考えると、ダウ理論で唱えているアップトレンドが継続する条件は『高値を更新、安値を切り上げる動き』になります。相場がアップトレンドを継続するために毎回高値を更新しているわけではありませんので、高値の更新は置いておきます。しかしながら、反対に安値を更新してしまったらどうなりますか?

ダウ理論としてのアップトレンドの定義が崩れるということになります。つまり、安値を更新してしまったらアップトレンドとは呼べない状況になるので、買いのエントリーを続ける根拠が無くなることを意味します。

例えば、④の安値付近で買いエントリーをしているのであれば、損切りを②の安値付近に設定することでダウ理論の定義を参考に損切りを設定することになります。

このようにテクニカル的に損切りラインを設定することが可能です。これはダウ理論に限らず、このブログで取り扱っているエリオット波動論、水平線、ゾーン、ローソク足などのテクニカル分析をもとに損切りラインを決めることが可能です。

『○○%』や『○○円』で損切りをすることに抵抗があったり、自信が無かったらテクニカル的目線で損切りを設定してみてはどうでしょうか?テクニカル的に損切りを決めることによってトレードスタイルが良い方向へと変わったりするかもしれません。

保有しているポジションを見直す時間を作る

損切りラインを決める方法の3つ目は、定期的に相場を見直すことです。相場環境認識を改めることによって『実はレンジ相場でした』『まだ走る所ではありません』などといったことがあります。特にエントリーをして、ある程度時間が経過しても思っていた以上に利益が出なかった場合、ポジションをクローズして他の通貨ペアへ移行することも選択肢としては決して悪くありません。

注目を集めいている通貨ペアが変わったり、重要な経済指標の発表が控えていたり、自分が気付かない内に相場で変化が起きている可能性はゼロではありません。利確までの時間が明らかに長い場合は、定期的に考え直す時間を設けて相場を分析することがいいでしょう。

動かないポジションに変なこだわりを持っても意味はありません。素早い判断で投資機会を増やしましょう。

建値決済を積極的に活用する

損切りラインを決める方法の4つ目は、積極的に建値決済を使うことです。

FXでの建値とは、トレードを開始したときの価格のことを示しています。建値で決済する予約を入れることで、損失を未然に防げたり、利益を得る手助けにすることができます。

稼いでいたはずのお金を思わぬ展開により、損失が発生してしまうとお金を減らすストレスを抱えてしい、精神的にかなりキツイ状態になります。

トレードを開始して、トレード中に出ている利益が発生したときに、建値(トレード開始時の価格)で決済するように予約するのが建値決済です。建値決済を行うことで、含み益がなくなった時点で自動的に決済が行われます。そのため、損失を抱えることはありません。言い換えれば、一度利益が発生したあとに建値注文をすれば、損をする可能性をほぼゼロにすることができます。(一瞬で勢いのある相場を作った場合はゼロにできない可能性があります)

これは利益が出続けている場合の損切りラインの設定方法になります。建値に損切りを置くことはもちろんですが、プラスになる所で損切りを置くことで必ずと言ってもいいほど利益が発生する仕組みを作ることが出来ます。

ただし、利益が発生したばかりの段階や利益幅(PIPS幅)が少なかった場合、すぐに建値決済をしてしまうと切られてしまう可能性があり、エントリー回数が増えることに繋がりますので注意しましょう。

損切をする際の注意点

予め自分なりの損切りラインを設定してもルール通りにしっかり守ることが難しいのが損切りです。根拠が乏しい損切りラインを決めるだけだと実際には損切り決済は実行せず、結果的に損失が拡大したり塩漬けする危険性があるので以下の点も意識しましょう。

一つ目は、『事前に決めたルールは必ず守る』ことが大事です。仮に損切りラインを決めても『ルールが厳しいから多少緩めても良くない?』『今回だけは例外だから損切りラインを緩くしよう』など損切りラインを変更する行為は望ましくありません。

決めたルールを破るクセがつくと損切りができなくなるので意識して守るようにしましょう。

二つ目は、『手動ではなく、逆指値注文を活用して損切りラインを決める』ことです。予め設定しておけば、触らない限り損切り注文はしっかりと執行されます。自分でポジションをクローズすることが難しいと感じている場合は、予め損切り注文を設定しましょう。

結論

いかがでしたか?

FXはトレードをすることによってお金を儲けることが出来ますが、1回毎の勝負に拘る必要性はありません。そのポジションがポンコツである可能性はゼロではありません。

FXで利益を上げるためには、1回毎の勝敗に拘るのではなく、トータルでプラスになるようにトレードルールや損切りを考えましょう。いかに損失をコントロールすることができるのかが最も重要なポイントです。

そのためには、『○○%以内』『○○円まで』の損切りラインを考えたり『テクニカル分析』に基いて損切りラインを決めるなどをして成果を上げるようにしましょう。

特に、ダウ理論をもとに損切りを考えて設定すると負けた時の納得感やそこで設定することによる安心感が違いますので検証してみてください。

損切りをすることによって、資金が減るのを未然に防げることや次のチャンスで戦える機会があるので積極的に活用しましょう。

関連記事

コメント

テキストのコピーはできません。