【その他】相場の終わりを告げる下げ止まり・上げ止まりを知ろう

その他

やあ、やあ

性格の悪いめんどくさがり屋のかちょーです。

YouTubeの方で先行して動画を配信していますが、文章として残すのも悪くないかと

高値安値を判断する材料⇩

(ダウ理論やエリオット波動論を使った波引きになるよ)

エントリーの本質は下げ止まり・上げ止まりの見極め

当記事は、エントリーをする際のヒントとなる【相場の下げ止まり・上げどまり】の判断サポートをするものになります。

前回のブログタイトルである『【エリオット波動論】修正波の始まりと終わりを知ろう。修正波の特徴を踏まえて実際のトレードでどう活かす?』がベースとなりますので、まだ見てない方はぜひチェックしてみてください。

あそこのブログで何が大事なのかと言うと、ます相場は『推進波⇨修正波』あるいは『修正波⇨推進波』というサイクルでチャートを常に作っています。

といことは、トレード面から考えたら必ずと言ってもいい程、【エントリーするタイミング】と【待つタイミング】の両方が必ず存在することになります。

なぜかというと、かちょーFX勉強会を知っている方々は、おそらく日頃から『修正波』という波の存在を知っているかと思います。この相場というのが中々『難しい波』『ゴールのない波』『ローソク足や波が不規則』といった特徴を持った相場であることから、エントリーが極端に難しくなります。

エントリーが難しくなると言うことは、もちろん、損切に合いやすくなったり、相場が不規則に動いている事から、メンタル面でストレスを抱えたりすることになります。

そうならないために今回は、【相場での下げ止まり・上げどまり】いわゆる、修正波を理解するための記事だと思ってください。

実際に、チャートでエントリーをする際にめちゃめちゃ迷うのが【まだこれから伸びるのか】【引き続き伸び続けるのか】【エントリーしたはいいものの逆行するのではないか?】【もうお祭り状態は終わってないのか】【どこから伸びるのか】と言った感じで常に相場を疑っていると思います。

トレード判断が遅れ、ゴールでエントリーしているパターン

トレード判断が遅れ、ゴールでエントリーしているパターン

上の画像の様にエントリーの判断が遅れて赤色の部分、いわゆる、ゴール付近でエントリーをするような結果になってしまい、エントリーチャンスを逃して【変な所でエントリーしたり】【ゴールと言える部分でエントリーしたり】あるいは【相場が反転したのに気付かずエントリーしている】という事態が発生してしまうため、今回は修正波を出来るだけ早いタイミングで終わりの部分を知ることに焦点を当てます。

修正波の終わりが判断できた時のエントリー

修正波の終わりが判断できた時のエントリー

エントリータイミングの理想としては、紫の部分で修正波が終わった(トレンドが切り替わった)という判断が出来て、緑の部分(出来ればなるべく早いタイミング)でのエントリーが損切に合う可能性がグンと減り、好ましい個所になります。今回では、一歩手前の修正波が終わりを知らせる判断基準である、紫部分を考察していきます。

修正波の特徴と言えるものを知り、常に相場を疑う

一本前の波が推進波である場合の修正波の動き

一本前の波が推進波である場合の修正波の動き

まず、修正波という相場の特徴とは【ゴールがない】【どこで終わってもおかしくない】【一歩手前の基準波、または、支配波や親波とも言える波に対してそれ相応の波を作る可能性が高い】【波やローソク足が不規則】【難しい】【ローソク足の色が頻繁に入れ替わる】ということを覚えてください。

その上で、こちらはどちらかというと、相場(修正波)が進み始めている、あるいは、ある程度完成に近い段階で判断する材料になりますが、【修正波が波の中で波を作っている】【ローソク足の中でローソク足を作っている】みたいな相場が【修正波中】である主張みたいなものです。これは、高値安値を更新することのない波になります。

ここでの相場は、推進波が作られた後に修正波が発生する相場に該当します。まず、修正波が発生しているという判断基準は【過去の高値安値を更新している】ことにくわえて、【一歩前の波が推進波】であるという少し当たり前ですが、忘れがちな条件です。

波は一定のサイクルを作ります。一定期間の間、サイクルを作るということは少なくとも推進波の始まりや終わり、修正波の始まりや終わりが存在することから、相場が形成されることにより自然と高値安値が作られます。そのことから、重要なポイントに到達したときに今後の相場が修正波として出現するのか、推進波として継続して相場を作るのか予測をすることが出来ます。

この判断をする最も有効な策としては、ダウ理論やエリオット波動論に基いた波引きになるのではないでしょうか?

相場環境認識では、波レベルで大きく相場を分析してしまうことから、大きな目線で『修正波が始まりそう』、完成してから『修正波が終わった』といことに気付くことが多く、ある程度大雑把な目線になりがちです。ただ、完成した後の『修正波が終わった』という目線、いわゆる、後から修正波だと気づくパターンは一見判断が遅いかと思られがちですが、トレードをする上では全然丁度良いくらいのタイムラグだと考えています。

というのも、相場は修正波が完成した後に一気に勢いよく相場を作る訳ではないため、『修正波完成⇨推進波第1波+修正波第2波を見送る⇨推進波第3波を取る』というイメージでトレードした方が成功しやすいからです。

ローソク足レベルで下げ止まり・上げ止まりを見極めよう

修正波の先端で現れる特徴的なローソク足

修正波の先端で現れる特徴的なローソク足

修正波の終わりを告げるローソク足

修正波の終わりを告げるローソク足

今度は、【修正波が3波として形を作っている】と【修正波の先端に特徴的なローソク足が存在する】をセットで考えていきます。

原則として修正波は3波を作ると考えてください。もちろん一部例外として修正波が1波として波を作ることはあります。ただ、その場合、動いている波の大きさが異なる可能性が高いです。

こちらは、先程の相場(修正波)が進み始めている、あるいは、ある程度完成に近い段階で判断する材料とは違い、修正波が終わるタイミングを知らせてくれるローソク足の判断になります。

種類としては、修正波中の波で最後の部分(3波目を作っている段階で)大きなローソク足が出現するタイプが1つ。2つ目は、修正波が終わったタイミングで大きく逆行する動きを見せた相場になります。分かりやすく言うと、【修正波が終わったタイミングで推進波の1波】が発生したという感じです。

両方ともスタートに近い所でエントリーを早い段階で考えることが出来るので知るメリットは大きいと思います。

ローソク足がチャート上で先に作られるため、ローソク足レベルで相場の下げ止まり・上げ止まりを知るのはとても大きいメリットではないでしょうか?

チャートを見ていると、大半の修正波の先端には、先程の大きいローソク足が出現するだけでなく、特徴的な終わり方をすることが多いです。ぜひ検証してみてください。

かちょーの感覚になりますが、ローソク足レベルで修正波が終わりを告げるサインが現れる比率として若干【修正波が終わったタイミングで推進波の1波】の方が【修正波中の波で最後の部分(3波目を作っている段階で)大きなローソク足が出現する】より多いかなと思います。チャート上でぜひ見てみてください。

あと、絶対に忘れないでください。

『サインが出た=すぐにエントリー出来る』という訳ではありません。

『サインが出た=様子を見る➡エントリー出来る箇所を探す』という習慣を身に着けてください。

関連動画

FX初心者 エントリーの判断基準『下げ止まり・上げ止まり』の見極め

押してくれたらめっちゃ嬉しい⇩

コメント

テキストのコピーはできません。