【その他】メンタルとは

その他
スポンサーリンク

皆さんこんにちは~かちょーです(‘ω’)ノ

今回は珍しくメンタルのお話をします。
皆さんはちゃんと自分のメンタルを管理できていますか?

かちょーFX勉強会ではゴリゴリのテクニカル指導で皆さんと共に日々成長していますが、勉強会内でも時間による問題もあり、中々喋る機会がないのでこれを機にご購入者様・そうでない方にお伝えしていこうかと思います。(^^♪

勉強会に参加されたい方はこちら↓
 

下の応援ボタンクリックをお願い致します。↓Please click the support button.↓

よかったら、メルマガ登録どうぞ♪

2月15日以降スタートするメルマガでは、波引きに苦手意識がある方に対してどのように波を限りなく正確に描くこと、相場環境認識・戦略をもう少し具体化している、かちょーFX勉強会の魅力などなどをお伝えする無料の配信になりますのでどうぞ!(^^♪

勉強会に対する質問↓

教材の参考ページ↓

メンタルとは何かを把握しよう

皆さんはどのようにメンタルを把握していますか?

メンタルとは抽象的で形の無いものです。

FXを勉強し始めると必ずYoutube・ブログ・書籍などでメンタルのお話をします。決まり事として、資金仮の大切さ・メンタルは不要・欲を抑える・リスク管理・損切の設定などなどを語るかと思います。確かに上記のことは全然何一つ間違っていないです。(メンタルは不要を除いてはw)

ただ、かちょーが知る限りメンタルをものなどに具体化して分かりやすくメンタル管理がいかに大事なのかを語っている人は知りません。

改めて、皆さんはメンタルをどのように把握していますか?

かちょーはメンタルを『水』だと考えています。

水とは人や生物が生命を維持・活動するためには必要不可欠であり、さまざまな産業活動においても不可欠なものです。FXでも同じことが言えるのではないでしょうか?すなわち、FXにおけるメンタル(水)とは活動をする(トレード)において必要不可欠です。トレード(活動)をするにしても必ず自分の意思決定(水)が最終的なエントリー材料となるので切り離せないものになります。

水は形を持たず、どのような状態になることからメンタルと類似していると言えます。

メンタル(水)はどのような形にもなる。

皆さんもご存知の通り水には三つの状態があります。

【個体(氷)、液体(水)、気体(水蒸気)】

個体である氷は水分子がお互いに水素結合でがっちり結合し、分子が自由に行動がとれないことから、とりあえず頭が固い人に当てはまります。氷のメンタル状態の人とは固定概念が強い人・視野がめちゃくちゃ狭い人・行動がとれない人・決断力のない人・臨機応変に対応できない人・間違えを認めない人・負けを認めない人・相場環境認識を修正しない人などの負のイメージが多いメンタル状態になります。

実際にこれらのメンタル状態で相場に挑んだら絶対とも言えるほど痛い目に合います。トレード的に例えたら決断が遅いがゆえに飛び乗りエントリーをする・臨機応変に対応ができないがゆえにトレンドの切り替わりが察知できない・負けを認めないがゆえに損切をしない・視野が狭いがゆえに逆張りをする・固定概念が強いがゆえに何も受け入れない。

これだけ書いたらもう流石に気づいてくれましたかね?どれだけ危険なのかを(‘ω’)ノ

気体である水蒸気は分子が完全に1個1個ばらばらで自由自在になっている状態から、我が道を進む人が当てはまります。水蒸気のメンタル状態の人とは自由な人・世間では怒りっぽい人が連想されやすいのではないでしょうか?

気体のようなメンタル状態で相場に挑んでも良いことは多くありません。トレード的に考えたら怒りっぽい人というのは、負けたときの悔しさから無茶苦茶なトレードを行いがちです。これを行うともっと資金が減りますよね?さらに、自由にをしてしまったらどのようなことが起こるのかというと、自分勝手に相場を考えがちになります。これも実際には本当に良くないですよね?相場は絶対に自分が思った通りに動くわけではないので注意が必要です。

液体である水は、氷ほどではありませんがお互いに束縛しあった動きをします。このことから柔軟性がある人とが当てはまるかと思います。水のメンタル状態の人とは臨機応変に対応できる人になります。

臨機応変に物事を対応できる人とはトレードにおいてものすごく重要です。具体的に、臨機応変に対応できる人はトレンドの転換を察知できる・相場環境認識を改めることができる・欲望に満ちたトレードはしない・損切をしっかり行うことができる(負けを認めて次に備える)ことが当てはまります。


かちょーの仕事は至ってシンプル。

皆さんのカチカチに凝っている頭を柔らかくして、相場において臨機応変に対応できる人になってもらうことです。そのうえで、正しい知識を身に着けてもらうことです。

水は紙と同様に何色にでもなる

正しい知識を身に着ければ純粋できれいな色の水になりますが、かちょーFX勉強会に入る前に様々な負け知識が付いていたら泥のような濁った水になります。(かちょーFX勉強会だけでなくその他で勝てている知識があれば別の話しですが、このブログの読者様はだいたい違うかと思います)

もし、現在負けている知識(泥だらけの水)があるのであれば今すぐにでも全てを捨てなければなりません。相場の世界では自分勝手な考え方や変な手法で勝てるほど甘い世界ではありません。

考え方をシンプルにして純粋できれいな色の水を準備してトレードに挑みましょう。

勉強会に参加されたい方はこちら↓

応援ボタンをクリックして頂けると大変喜びます(^^♪

チャンネル登録よろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。