【相場環境認識】2020.09(GBPJPY)プラン

相場環境認識
スポンサーリンク

↑応援クリックよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

月足

まずは、月足に注目です。

月足レベルから相場環境認識をした場合、現在の波というのは何とも言い難い状況に置かれています。波の中で波を作っているイメージが強く、156.680円から下への価格帯に行くに連れて売りのゾーンと言えるものを厚く作っている状況です。

今年の3月で124円と直近の最安値を更新することはできないまま、上の方でしっかりと抑えられています。まさに波の中で波を作っている状態で現在上昇している相場がいつまでも続くようには見えません。

週足

週足を直近のお話しで考えると、高値安値の関係を守って下落しています。このことから、直近で注目されている部分はとても分かりやすいですが、尽く売りの勢力により圧力をかけられている状態で一旦上昇をしてもゴールが近いため、高望みはできないと言えます。今月の中旬、11月には大きなイベントを控えているため、今後の展開次第で相場は決まりやすいのかなと思います。

かちょーFX勉強会で言う、波に対しての戻りの波が。。。( ゚Д゚)

少なくとも、様子を見る必要があります。

日足

日足に切り替えて相場を分析します。

先程の週足レベルで見ることができた水平線に日足レベルでも反応したことが確認できます。さらに、日足でトレンドが切り替わる兆しを見せてくれているのでチャンスが発生しやすい通貨ペアなのではないかと思います。

ただ、もう少し様子を見てからエントリーを考えましょう。

4時間足

(‘◇’)ゞ(‘◇’)ゞ(‘◇’)ゞ

最後に。。。

最後までご覧になって頂きありがとうございました。

相場環境認識に関しての記事をアップしましたが、あくまでも『参考までに』という形でご覧になって頂ければと思います。

なぜならば、私が行っている相場環境認識方法が皆さんの行っている相場環境認識方法と異なる可能性が高いことから、相場に対する基準のレベルが皆バラバラだからです。

もっとかちょーFX勉強会の相場環境認識に沿った形で勉強をされたい方は下のURLにてお待ちしております。

それでは。。。。(^^)/

↑最後に、応援クリックよろしくお願い致します。

コメント

テキストのコピーはできません。